フリーエンジニアの忙しさのコントロール

フリーエンジニアの基本的な仕事は、クライアントとなる企業からの依頼を受けてシステムやアプリケーションなどの開発を行って納品したり、その企業での業務の一部に携わったりすることであり、その対価として報酬を受け取る。そういった依頼を受ければ受けるほど忙しくなり、依頼を受けなければ収入がなくなるとはいえ忙しさはなくなるのだ。そういった自分の忙しさをコントロールできるというメリットがあるのがフリーエンジニアである。

しかし、実際には依頼を見つけるのに苦労するということの方が多く、エージェントを頼って仕事を仲介してもらうのが多くの人に選ばれている手段なのだ。こういった方法をとることによって、比較的継続的に仕事を紹介し続けてもらうことができるため、安定して仕事を行い続けることが可能になる。しかし、実際にはエージェントがどれだけ企業から仕事をとってくることができるかや、エンジニアとしてどれだけ信頼されているかによって紹介してもらえる仕事の量も大きく違う。また、エージェントとの関係を保つ必要性から、紹介してもらえた仕事を断ることが憚られるため、仕事の忙しさをコントロールすることができなくなってしまうだろう。

営業活動をすることを厭わないのであれば自分で仕事を獲得するように努めることで、自分の時間の管理が可能になる。フリーエンジニアのメリットを生かすのであれば営業活動を担うのがよい選択となるのである。
ランキングで見るフリーエンジニアのためのエージェントハウス】には、働き方や収入等、詳しく説明されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です